目の下のたるみは老け顔の原因|美容整形でお手軽改善方法

女性

アンチエイジング系の施術

女性

シワやたるみなどの肌の老化現象は、切らないで治療できる時代です。美容皮膚科クリニックのレーザーや光などの治療器、ヒアルロン酸やボトックスなどの注射はダウンタイムがなくエステ感覚で受けられるので人気です。

View Detail

顔のリフトアップ

たるみ

顔にできているしわを消したい場合は、しわが作られた原因に応じた治療を受ける必要があります。一昔前までは、メスで皮膚を切除する方法が主流になっていましたが、近年になり注射を用いたしわ取り治療が行われるケースが増えてきました。

View Detail

ハリのある目元を取り戻す

美容

軽い場合はヒアルロン酸で

目の下のたるみ対策として多くの女性が行っているのは、保湿成分をたっぷりと含んだ化粧水や美容液などの化粧品によるケアでしょう。最近では目元に特化した保湿化粧品も多く出回っています。しかし乾燥肌による小ジワ程度ならまだしも、たるみの状態にまでなってしまった場合化粧品では対処しきれないのが現状です。そこで美容外科や形成外科などでは、目の下のたるみを整形によって改善する治療を行っています。目の下のたるみを整形するには、メスを使う治療法と使わない治療法とがあります。たるみがそれほどひどくない場合は、目の下の部分にヒアルロン酸を注射することでたるみを治療できます。ヒアルロン酸注射はメスを使わないので、どこのクリニックで受けてもほぼ安全と考えている人もいます。ですが目の下の皮膚はたいへん薄いため、ほうれい線の治療などより高い技術が必要といわれています。したがってクリニック選びは非常に重要です。

皮弁法やハムラ法等の手術

目の下のたるみを手術によって治療するときは、余分な皮膚を切除しその部分の脂肪を取り除く皮弁法という切開手術が行われます。この手術も比較的軽いたるみに適しているので、それより程度が重い場合にはハムラ法という手術によって治療します。この方法では目の下にできたふくらみによってできる暗い影の部分に脂肪を動かして、暗い影ができないようにします。皮弁法では脂肪の修正処置までは行わないため場合によってはくぼみができてしまうことがありますが、このハムラ法ではくぼみができないという長所があります。いずれの方法にせよ、切除手術ではたるみを改善することはできますが、皮膚にできた小ジワ自体は消すことができません。このため美容クリニックでは、小ジワ治療と切除手術を組み合わせた施術なども行っています。

ウルセラシステム

女の人

ウルセラシステムとは、目の下のたるみやしわを解消するための「切らない治療方法」として確立された施術方法のことです。ウルセラシステムのメリットは、ダウンタイムが短く、身体への負担も小さいことが挙げられます。

View Detail